2013/06/19

荒畑園 静岡牧之原産プーアール茶 茶流痩々 低カフェイン

カフェイン50%オフ、牧之原産やぶきた茶で作った新しいプーアル茶





以前アフリカ産のプーアル茶を紹介しましたが、今回は静岡のプーアル茶です。

荒畑園の発酵茶革命シリーズの1つで、原料の茶葉に独自の機能性緑茶を使用しているためカフェインを50%カットできたそう。

こういう興味深いお茶を見るとつい買ってしまう。

ま、ダイエットに効くプーアル茶だから夏までにすぐ飲んでしまうだろう~

  • タイプ黒茶
  • 原材料名後発酵茶 緑茶
  • 原産国静岡牧之原産
  • ブランド荒畑園 http://www.arahataen.com/
  • 内容量 – 20g (2g x 10)
  • 値段 - 498
  • パッケージ
    • アルミ製密封袋 ジップ付き
    • ティーバッグ - 三角ナイロン
  • メーカー推奨の飲み方
    • 熱湯の量 150ml
    • 抽出時間 記載なし
    • 1杯目から3杯目まで変化していく風味を楽しめる。
  • 安全性
    • 残留農薬検査結果などはウェブに記載なし。
 
袋の中から甘酸っぱい緑茶の香りがする。

茶葉の色も普通のプーアルのように黒くなく、緑茶の色が残っている。

水色は薄く、黄みがかった茶色。

湯飲みからは甘い香りが漂う。

飲むと少しとろみがあり、まろやか。後味にほんのちょっと苦味があり、甘い香りの余韻がとても長く残る。
緑茶と普通のプーアル茶の中間のような味といいますか。

釜炒りじゃなくて、日本の緑茶を作るように蒸したのかな?作る製法や茶葉が変われば雲南省のプーアルとは全く別物になるんだ。

フレーバーや香料を使わないでこういうバリエーションができるって、お茶はやっぱり深い。

緑茶の生産がほとんどを占める日本でこういう取り組みをしているのは面白いなあ。


2013/06/16

無印良品 中国茶・台湾茶 アソートセット

初めて買うならおススメ、ティーバッグもリーフも、全て試せる♪





飲んだことの無いお茶を箱ごと買うのにためらう事ありますよね。
「美味しくなかったらどーしよー」「全部飲めるかな・・・」なんて。
だからアソートってお値段はちょっと高いけど、最初に買うにはピッタリだし、色々試せるとお得感もあり!

この無印のアソートセットは今出てる中国茶と台湾茶、ティーバッグもリーフも全て飲めるので、次に選ぶ時はお気に入りが買えて間違いなし!

最後のまとめに無印の中国茶と台湾茶のランキングもあり♪



  • タイプ青茶・花茶
  • 原材料名 
    • 凍頂烏龍茶(半発酵茶
    • 香檳烏龍茶(半発酵茶
    • 茉莉花茶半発酵茶、ジャスミン花)
    • シトラス茉莉花茶((半発酵茶-中国、オレンジフラワー、オレンジピール、ジャスミン花、香料)
  • 原産国
    • 台湾(凍頂烏龍茶、烏龍茶)
    • 中国・台湾(茉莉花茶
    • 日本(シトラス茉莉花茶
  • ブランド無印良品 http://www.muji.net
  • 内容量 14g6袋)
  • 値段  368
  • パッケージ
    • ティーバッグ:アルミ袋個包装、三角、不織布
    • ルースティー:一回分をアルミ袋個包装
  • メーカー推奨の飲み方
    • お湯の温度 全て熱湯
    • お湯の量 
      • ティーバッグ:140ml
      • リーフティー:280ml
    • 浸出時間
      • 香檳烏龍茶・凍頂烏龍茶(ティーバッグ):3
      • 凍頂烏龍茶(リーフ)1煎目:3分、23煎目:1.52
      • 茉莉花茶・シトラス茉莉花茶2
  • 安全性
    • 茶葉の残留農薬検査結果などの記載なし。


無印 香檳烏龍茶無印 凍頂烏龍茶は過去にレビューしたので、
今回は
茉莉花茶・シトラス茉莉花茶について。


茉莉花茶

リーフティーの茶葉はとても細かい。

個包装の封を開けると茶葉からジャスミンの香りがしっかり香る。

水色はクリアな琥珀色。





口に含んだ瞬間がジャスミンの香りが一番強く、途中から香りは弱くなるので香りの余韻はなし。烏龍茶自体の味は薄く、渋みは後味に少し残る程度。

2煎目は香りは程ほどに残るが、渋みが結構強くなる。

ティーバッグの方は不織布によくあることだが、味がなかなか出ない。

リーフに比べると全体的に香りも味も薄いかな?

買うならリーフの方をおすすめ!



シトラス茉莉花茶
ティーバッグのみ。

袋から出すと、なぜかバブルガムのような子供の時食べたお菓子の香りがする。

水色は茉莉花茶と一緒。

香りはジャスミンの香りはほとんどせず、発酵したオレンジみたいなにおい。



飲むとビタミン剤のような人工的なオレンジの香りとジャスミンの苦味が混ざった味。

個人的な意見だが、このジャスミンとオレンジのブレンドはどうかな・・・
このティーバッグも味が出にくく、濃く出そうとするとジャスミンの苦味が目立ってしまう。



無印良品の中国茶・台湾茶を飲んだ中でランキングすると、
  1. 凍頂烏龍茶
  2. 香檳烏龍茶
  3. 茉莉花茶
  4. シトラス茉莉花茶


ティーバッグよりもリーフティーの方が香りも味も良いと思う。

全体としての無印のお茶の感想は、味は本格的ではないけど、お財布にやさしいので毎日飲める、そして手に入れやすい。

中国茶・台湾茶を初めて飲む人や手軽に飲みたい人におすすめ。

2013/06/07

LUPICIA 台湾桂花烏龍

~夏はアイスがお勧め~キンモクセイがかすかに香る濃厚な烏龍茶 




LUPICIAの台湾烏龍茶で唯一の花茶。

キンモクセイは日本では『秋に香る花』というイメージ。

台湾ではお茶やお酒に入れたり、シロップ漬けにしてかき氷にかけたり、お餅のフィリングに入れたりと、一年中楽しまれているんですよ。

また、キンモクセイは胃腸系を整えるので便秘や口臭を改善し、その甘い香りは食欲を抑えると言われ漢方でも使われています。

ブランドによってベースのお茶の種類やキンモクセイが香る具合でかなり味が違ってくる桂花茶。

さてLUPICIAの桂花茶はどんなかな・・・

  • タイプ
  • 原材料名半発酵茶、桂花(キンモクセイ)
  • 原産国台湾 (南投県名間郷)
  • ブランド LUPICIA 
  • 内容量 50g
  • 値段 - 850
  • パッケージ
    • ルースティー
    • アルミ製袋 
  • メーカー推奨の飲み方
    • お湯の温度 熱湯
    • お湯の量 150ml 45
    • 茶葉の量 8g
    • 抽出時間 45秒~1
    • 抽出回数 45
  • 安全性
    • 残留農薬検査 - LUPICIA独自の輸入前検査


茶葉はほんの少しキンモクセイの香りがする程度。

大きさはバラバラで小さめの丸まった茶葉と乾燥したキンモクセイの花のブレンド。

水色はクリアな濃い黄色。

香りは秋に香るのとはちょっと違って、説明するのはちょっと難しいけど、あたたかみのあるちょっとスモーキーなキンモクセイかな?

口に含んだ瞬間と喉を通り越した後にかすかに香る。

2煎目からはほとんどキンモクセイの香りはしない。

全体的にとろみがあってしっかりとした濃厚な烏龍茶がベースになっている。
爽やかな感じじゃなくて、苦味も適度にあって後味が喉に残る、ずっしりとした感じ。

ホットだと秋や冬の寒い時期に合うと思うな。

私は個人的にこのお茶はアイスの方が好き。
キンモクセイの香りをもう少し感じるし、苦味も少なくなって飲みやすい。

ダイエット中スイーツが食べたくなったら桂花茶を飲んでスイーツへの欲望を忘れる、なんて飲み方もいいと思う。

暑さにやられがちな胃腸をいたわりながらダイエットも兼ねて飲む、夏にぴったりの桂花茶。

このLUPICIAの桂花烏龍は、フレーバーを使っていないので、香料が苦手な人や花の香りがほのかにするものが好きという人におすすめ。